大阪府下全域の相続手続き・遺言作成のことなら 大阪堺相続・遺言相談センター にご相談ください。

相談無料受付中072-275-4107

解決事例

大阪堺相続・遺言相談センター > 解決事例 大阪堺相続・遺言相談センター > 相続 > 未成年 の子供が共同相続人にいる場合の相続手続

解決事例 相続

未成年 の子供が共同相続人にいる場合の相続手続

未成年 の子供が共同相続人にいる場合の相続手続

相談者Fさん(女性・大阪府 堺 市在住)

「主人が亡くなり、まだ小さい 未成年 の3歳の子供と私がのこされたのですが、相続 の 手続 をお願いできますか?」と 依頼 がありました。

 

未成年

解決報告

まず 相続 人調査 、 相続 財産調査 などの 必要 な 調査 を行う傍ら、 提携 の 司法書士 の 先生 に お子様 のための 特別代理人の選任 の 手続 をおねがいしました。

お子様 が  未成年 ということで、 お子様 と お母様 で 協議 をする 場合 、 お母様 と お子様 の 利益 は 相反する( 利益相反 )ということで お母様 は お子様 の 保護者 という 立場 では 代理人 になれません。

親戚 の方に 未成年 の お子様 の 特別代理人 になっていただき、 お母様 と 特別代理人 の 親戚 の方とで 遺産分割協議 をしていただくことができました。

その後、作成した 遺産分割協議書 の通りに 預貯金 の 相続 手続 を済ませ、 不動産 の 相続 手続 は 司法書士 の 先生 にお願いし、無事 相続 手続 を終えることができました。

 

今回のようなケースでも 旦那様 から 奥様へ 、全ての 財産 を 相続 させる旨 の 遺言書 があれば、 特別代理人 の 家庭裁判所手続 は 不要 で、スピーディーかつ円滑に手続を終わらせることが出来ていました。

特別代理人 を 選任 して 遺産分割協議 をして お母様 と お子様 で 財産 を分けても、その後 お子様 の 保護者 として お子様 の 財産 を 管理 していくのは お母様 です。

お子様 の 養育 に 悪影響 を及ぼすような お母様 でない限りは、前記の内容の 遺言 書 でも、 特別代理人 の 手続 でも 結果 は、ほぼほぼ変わりません。

特別代理人 の 手続 よりも 遺言 書 を遺す場合の方が、費用・時間共に、相続 人の 負担 が 軽減 されます。

 

 

遺言書作成サポート≫

遺言書作成料金≫

相続手続サポートサービス≫

各種サービス≫ 料金≫ お問い合わせ≫

 

大阪 堺 相続 ・ 遺言 相談 センター

運営:行政書士エスト法務事務所

所在:大阪府堺市堺区住吉橋町1丁4番10号

アネックス金銅2階206号室

代表:行政書士 大井 彰彦

対応地域: 大阪市 、 堺市 、 高石市 、 松原市 、 泉大津市 、 和泉市 、 岸和田市 、 貝塚市 、 大阪狭山市 、 富田林市 、 河内長野市 、 泉佐野市 、 八尾市 、 柏原市

※その他、大阪府下全域、近隣県にも対応

一覧へ戻る
業務に関するお問い合わせはこちら。072-275-4107

相続手続き・遺言作成・遺産分割・遺品整理等でお困りの方は、
大阪堺相続・遺言相談センターへお気軽にご相談ください。