大阪府下全域の相続手続き・遺言作成のことなら 大阪堺相続・遺言相談センター にご相談ください。

相談無料受付中072-275-4107

ブログ

ブログの内容 相続

2015年12月07日

相続手続 の重要性

相続手続 の重要性

 

なぜ 相続手続 が必要なの?

 

必要に迫られる場合

「なぜ相続手続きが必要なのか?」と疑問に思う方も多いのでは無いでしょうか?

相続手続は、 相続放棄 や 相続税 がかかる場合など一部を除けば、期限があったりするものではありません。 しかし、期限はありませんが必要に迫られることもあります。

預貯金が相続財産になっている場合などがそうです。 銀行が相続が発生したことを知ると、 被相続人 ( 故人 )の口座を凍結してしまいます。 夫婦共有の口座で生活費の支出に使用していた場合などには急ぎ相続手続が必要になるでしょう。

 

不動産の相続登記の必要性

不動産などの名義はどうでしょうか?  相続登記 をせず 被相続人 ( 故人 )の 名義 のままにしておいても 罰則 があるわけではありません。名義が亡くなった祖父のままになっているというような方も多いのではないでしょうか? こういった場合に注意が必要です。

例えば、

①祖父が亡くなった時の相続人がご自分からみて、父と叔父(おじ)、叔母(おば)でした。それぞれに3人兄弟の子供がいるとしましょう。

②長年、相続登記をせず、放置していて、父、叔父、叔母が亡くなった際は祖父の不動産の権利関係が次の世代に受け継がれ、従兄弟間が共同相続人になってきてしまうのです。

③祖父が亡くなった時に3人であった相続人が、手続を放置することによって9人に増えました。ここでさらに放置して次の世代に権利が受け継がれた場合は、さらにねずみ算式に相続人の数が膨れ上がっていくのです。

こうなってしまっては、 権利関係 もややこしくなり、 相続登記 に 必要 な 遺産分割協議 をするにも大変難しくなってしまいます。親族間の争いになることも‥‥

不動産の相続登記は、不動産を売買したり、抵当を付けたりする際の前提登記となるものなので不動産を処分したいときに困ることになってしまうのです。

私の知っているケースでは相続人が50人ほどに増えてしまい、莫大な費用と時間がかかってしまった人がいました。 そうならないために手続きは遅くともご自身の世代のうちに終わらして置くことが大事ですね。

 

相続手続

 

 

当センター運営 の 行政書士エスト法務事務所 では、

自筆証書遺言 ・ 公正証書遺言 ・ 秘密証書遺言 などの 各種遺言書 の 作成 から、 遺言執行者 の 就任 、相続手続まで。遺言と相続に 精通 した 行政書士 が ご相談 から 手続 まで 厚くサポートいたします。

 

土日対応 ・ 相談無料 ( 出張相談 も 可能 )です。

また、 葬儀社 の 紹介 から、 併設法人 での 遺品整理サービス もあり、 生前 での 予約契約 にも 対応 しております。 お気軽 に ご相談 ください。

相続手続

一覧へ戻る
業務に関するお問い合わせはこちら。072-275-4107

相続手続き・遺言作成・遺産分割・遺品整理等でお困りの方は、
大阪堺相続・遺言相談センターへお気軽にご相談ください。